失った歯を取り戻せる〜インプラント治療を受ける意味を知る〜

失った歯を補う方法

歯を失うと、食べ物が食べにくくなったり言葉が発しにくくなるといった問題が起こります。しかし、義歯を装着する入れ歯や顎に穴を開けて義歯を固定するインプラントなど、失った歯の働きを補う治療方法があるので、放置せずにすぐに治療を開始しましょう。

歯科医院を選ぶ際に重視するポイントTOP5

ウーマン
no.1

元の歯を極力残そうとする

歯は一度削ると、二度と元には戻りません。歯医者さんの中にはすぐに歯を削ろうとする人もいますが、元の歯は極力残したいものです。安易に元の歯を傷つけるのではなく、極力自分自身の歯を残そうとしてくれる歯医者さんは優良だといえるでしょう。

no.2

カウンセリングに十分な時間をかける

治療を開始するためには、まずは現在の歯の状態を知る必要があります。どのような問題が起こっているのか、どのような治療方法を取るのか、治療前にじっくりと患者の話を聞いて素人でも解りやすいように治療内容を説明してくれる歯医者さんは優良であるといえます。

no.3

できない治療は断る

歯医者さんに限らず、プロにとってできないという言葉を発するのは勇気がいるものです。まして、ひとりでも多くの患者を治療して治療費を稼ぎたいと考えている歯医者さんの場合、治療を断るというのは避けたい道です。しかし、歯医者さんによって、治療に得意不得意があるのは事実です。患者を想ってできない治療を断る歯医者さんは、悪いところではありません。

no.4

歯科衛生士が多く所属している

口内のケアを行う歯科衛生士が多く所属している歯科医院は、衛生観念が高いといえます。口内が汚れたまま治療を行うと、治療箇所から細菌が入って別の病気を引き起こすことがあります。歯科医院を選ぶ際には、歯医者さんだけでなく歯科衛生士が何人所属しているかという点にも注目しましょう。

no.5

写真撮影を頻繁に行う

治療の度に歯の状態を写真に残す歯医者さんは、記録をこまめにとって治療方針を見直している可能性が高いです。毎回撮影というのは面倒だと感じる人もいるでしょうが、少しでも早く適格な治療を行うために必要なことなので、歯医者さんに協力しましょう。

失った歯を取り戻せる〜インプラント治療を受ける意味を知る〜

治療器具

インプラント治療とは?

インプラントとは、歯を失った箇所の顎に人工歯根を埋め込んで、義歯を固定する治療方法です。歯根を埋め込むために外科手術が必要となりますが、一度手術を受ければ半永久的に義歯をしっかりと固定できます。インプラントは顎で歯根を固定するため、食べ物を食べても元の歯のように違和感を感じることは少ないといわれています。入れ歯やブリッジでは合わなかったという人は、インプラント治療を試してみましょう。

インプラント

インプラント治療を受けられる条件

インプラント治療は誰でも受けられるというわけではありません。顎の骨がもろくなっていたり、心疾患などの重い病気を抱えている人は治療を受けられない可能性が高いです。また、歯や顎が成長段階にある子供のうちは治療が受けられないので、注意しましょう。ただし、顎の骨がもろくともインプラントを行える方法もあるので、どうしてもインプラント治療を行いたいという人は歯医者さんに相談してみてください。

自分の歯の状態をみて適した治療方法を選ぼう!

歯や顎の状態によって、適した治療方法は異なります。インプラントよりも入れ歯やブリッジの方が適していることもあるので、自分の歯の状態に合わせて最適な方法を選びましょう。

広告募集中