留学でのメリット

留学の際に工夫することで得られるメリット

語学を教える

留学とひとくちにいっても、語学の習得を主な目的とするものから、スポーツや芸術などの技術を磨くもの、学位を得ることを目的とするものまで、様々なものがあります。留学と聞くと、まず第一にアメリカを始めとした英語圏の国々が浮かぶことも多いようですが、留学の目的に合わせて留学先を探すごとで、得られるメリットも大きくなるのです。例えば、英語の習得を目的にするのであれば、アメリカやイギリスといった欧米の国々のみではなく、日本からも遠くないフィリピンやシンガポールといった東南アジアの国々でも、英語が広く母国語同様に使われているため、十分に勉強することができ、かつ費用も抑えることができる可能性があります。目的をはっきりさせた上で、様々なオプションを検討することで、留学をより充実させることができるのです。

現在の取り組みやトレンド

アメリカやイギリスなどへの学位取得を目的にしたものや、英語習得のための語学留学をする人たちの絶対数が減り続けていることを理由に、留学の人気が下がっているような報道が多くされています。しかし、経済発展を続ける中国や韓国などアジア諸国へわたって語学や専門分野の勉強をする人たちは、むしろ増加傾向にあるようです。また、かつてのように英語圏でのMBAなどに偏った傾向も、より広く、個人の関心に沿った渡航先や専攻に変化しているようです。同時に、日本全体の問題としての高齢化と若年層人口の減少が急速に進んでいる現状があるため、一概に留学の人気が衰えているということはできません。今後も、これまでの資格取得や箔をつけるため、という目的ではなく、より多様化した個人の関心と目的に沿った勉強の手段の一つとしての留学が、トレンドとして広まりそうです。